TOP > CATEGORY > エンターテイメント
Google
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 

2007年02月28日 ()
小泉里子 ウルトラス朝日氏弟と入籍
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000020-spn-ent


婚姻届を提出した日時や相手については明かしていないが、スポニチ本紙の取材によれば、相手はサッカーアパレルブランド「ボンボネーラ」を設立し、植田眞意人(まいと)氏で、5年越しの恋を成就させた。兄はサポーター集団「ウルトラス・ニッポン」のリーダー、植田朝日氏だ。小泉は「結婚に対して期待感の方が大きい私だけど、きっと想像以上に大変なこともあるんだと思う。でも始めてみないと、何も感じないし、何も得られない」と報告。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.02.28(Wed) 13:23] エンターテイメントTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


なんで、そんなにお金持ってるのかな~叶姉妹 

2007年02月28日 ()
叶姉妹、法廷対決へ!晴栄さん反撃「宝石類は自分のもの」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000032-sanspo-ent

恭子の実妹でマネジャーだった小山晴栄さんが金品4億円相当を持ち逃げしたとされる騒動で、恭子の代理人を務める弘中惇一郎弁護士が27日、都内で会見し、晴栄さんが「自分の私物以外は持ち出していない」と主張していることを明らかにした。弘中弁護士の2度目の説明会見。
進展に注目が集まったが、一時は恭子の著書出版会見に合わせたヤラセか?とも報じられた横領騒動は、泥沼騒動に発展した。会見で弘中氏は、騒動について26日夕に弁護士から電話とファクスで返答があったと報告。
恭子は、平行線状態の実妹の主張に混乱しながらも、受け取ったファクスの納得できない部分に印を付けて、頭を整理。
弘中氏と相談し、業務上横領による刑事告訴と所有権に基づく引き渡し請求の民事提訴を行うことを決意したという。
弘中氏によると1週間から10日をめどに告訴する予定だが、裁判となれば、これまで謎に包まれた叶姉妹のベールも法廷で徐々に明かされていくことになりそうだ。弘中氏は会見で、関与がうわさされる晴栄さんの恋人のベルギー人男性について「晴栄さんは大変夢中だったよう。結婚するつもりでいる、と書かれたメモが部屋に残されていました。男性は2、3年前にフランスで知り合い、晴栄さんのマンションで同棲、晴栄さんの生活費で暮らしていたようです」と告白。
骨肉の争いの火ぶたが切られた。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.02.28(Wed) 11:45] エンターテイメントTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


小林アナ コルセットで番組 

2007年02月28日 ()
小林麻耶アナ コルセットで番組復帰
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000021-spn-ent

捻挫などで入院しているTBS・小林麻耶アナウンサーが収録で仕事復帰した。主治医と相談し首にコルセットを付けたまま出演した。司会の草野仁キャスターは会見で「はっきり言って、つらそう。気持ちはうれしいが気になる」と気遣った。一方、小林アナの妹でタレントの小林麻央は自賠責保険の広報キャラクター就任会見に登場。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.02.28(Wed) 11:44] エンターテイメントTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


「黄泉がえり」「柔道一直線」高松英郎さん死去 

2007年02月27日 ()
「黄泉がえり」「柔道一直線」高松英郎さん死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000007-ykf-ent


「高松英郎」

高知県長岡郡大篠村(現・南国市)に小学校教員の息子として生れる。幼少時に東京杉並区に移り、1947年、早稲田中学卒業後、鎌倉アカデミア演劇科に入学する。在学中は桧健次のもとで創作舞踊に打ち込む。

1951年、大映第5期ニューフェイスとして入社し、久松清児監督の『怒れ三平』で若尾文子の恋人役で映画デビュー。最初のうちは恋愛映画などの出演が多かったが、徐々に悪役で持ち味を発揮し始める。1958年の増村保造監督の『巨人と玩具』で猛烈サラリーマンを好演し注目を浴び、続く『黒の試走車』、『しとやかな獣』などの作品にも出演し、演技派俳優として確固たる地位を築く。

1962年、大映を退社してからは、テレビドラマを中心に活躍し、悪役から好々爺まで起用に演じわけ、お茶の間に親しまれている。1969年から始まり国民的人気番組となった『柔道一直線』の“講道館の鬼車”こと車周作役が特に有名。

その風貌が漫画『巨人の星』に登場するキャラクター星一徹に似てる事から、彼に扮してCM、バラエティー番組(ガキの使いやあらへんで)に出演した事が有る

2007年2月26日朝、自宅で心筋梗塞のため死去。享年77。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.02.27(Tue) 19:14] エンターテイメントTrackback(1) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

カテゴリー

最近のコメント

最新の記事

最近のトラックバック

過去ログ

ブログ検索

RSSフィード

リンク

プロフィール

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。