TOP > 「黄泉がえり」「柔道一直線」高松英郎さん死去
Google
 ← 日興、旧経営陣 損害賠償請求へ | TOP | JAL労組、7千人の情報無断保有

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


「黄泉がえり」「柔道一直線」高松英郎さん死去 

2007年02月27日 ()
「黄泉がえり」「柔道一直線」高松英郎さん死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000007-ykf-ent


「高松英郎」

高知県長岡郡大篠村(現・南国市)に小学校教員の息子として生れる。幼少時に東京杉並区に移り、1947年、早稲田中学卒業後、鎌倉アカデミア演劇科に入学する。在学中は桧健次のもとで創作舞踊に打ち込む。

1951年、大映第5期ニューフェイスとして入社し、久松清児監督の『怒れ三平』で若尾文子の恋人役で映画デビュー。最初のうちは恋愛映画などの出演が多かったが、徐々に悪役で持ち味を発揮し始める。1958年の増村保造監督の『巨人と玩具』で猛烈サラリーマンを好演し注目を浴び、続く『黒の試走車』、『しとやかな獣』などの作品にも出演し、演技派俳優として確固たる地位を築く。

1962年、大映を退社してからは、テレビドラマを中心に活躍し、悪役から好々爺まで起用に演じわけ、お茶の間に親しまれている。1969年から始まり国民的人気番組となった『柔道一直線』の“講道館の鬼車”こと車周作役が特に有名。

その風貌が漫画『巨人の星』に登場するキャラクター星一徹に似てる事から、彼に扮してCM、バラエティー番組(ガキの使いやあらへんで)に出演した事が有る

2007年2月26日朝、自宅で心筋梗塞のため死去。享年77。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.02.27(Tue) 19:14] エンターテイメントTrackback(1) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 日興、旧経営陣 損害賠償請求へ | TOP | JAL労組、7千人の情報無断保有

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://marumarunani.blog95.fc2.com/tb.php/12-8b5a05f9

高松英郎高松 英郎(たかまつ ひでお、本名・武市 哲郎、1929年10月24日 - 2007年2月26日)は、日本の男性俳優。来歴・人物高知県長岡郡大篠村(現・南国市)に小学校教員の息子として生れる。幼少時に東京杉並区に移り、1947年、早稲田高等学校|早稲田中
[ 2007.03.01(Thu) 09:58 ] あやかのblog
 ← 日興、旧経営陣 損害賠償請求へ | TOP | JAL労組、7千人の情報無断保有

カテゴリー

最近のコメント

最新の記事

最近のトラックバック

過去ログ

ブログ検索

RSSフィード

リンク

プロフィール

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。